理解しておきたい馬券の知識

競馬

競馬で利益を早めに得たいのであれば、馬券の勉強はするしかありません。
券種の違いと、そこから生まれる利益の違いについて詳しく理解していないと、競馬では大きな儲けを得ることが難しくなります。言い換えれば、この点をきちんと理解しておけば効率的に利益を出していくことも可能です。

もちろんビギナーズラックで利益を得ることができた競馬ファンもいるかもしれませんが、それはあくまでも運です。

馬券の知識として知っておかなくてはならないのは、購入可能な券種には実質的な配分に大きな違いが存在することです。例えば、単勝を購入して1万円の配当を得ることと、馬連を購入して1万円の配当を得ることは、見かけ上は小名状に見えますが、これらには明確な違いが存在します。具体的に述べると、継続的にこのような買い方をすると、必ず馬連の方が実質的な負けは大きくなります。
上記の例では、単勝の実質的な儲けは8000円分であり、馬連の実質的な儲けは7500円程度しか存在しません。これは、それぞれの券種に対して異なる控除率が設けられているからです。

控除率は、数値が小さいほどかけをした人の取り分が大きくなり、逆に控除率の数値が大きくなるほど主催者側の取り分が大きくなります。同じような馬券に見えても、控除率の設定が違うので基本的な知識としてこの点を覚えておきましょう。