皐月賞についてのおもしろさ

競馬

競馬には、3歳時にしか出走出来ないGⅠレースがあります。3歳クラシックと呼ばれる皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、菊花賞、桜花賞、優駿牝馬(オークス)です。

このうち、桜花賞とオークスは牝馬限定レースとなっています。3歳クラシックの中でも一番予想が難しいとされるのが中山競馬場芝2000メートルで行われる皐月賞と言えるでしょう。

いろいろな路線からやってきた3歳馬が初めてここで対決することになります。この時点では各出走馬の力関係がはっきりしませんので、いろいろな角度から予想をしなければならないところにおもしろさがあります。

また、直線の短い中山競馬場で行われるこのレースには紛れが起こりやすく、レース展開次第で逃げ切りから直線一気と勝ち馬の決め手は様々です。三冠を目指す実力馬にとって、この皐月賞こそが最難関のレースと言えます。

また、このレースは1600メートル近辺の距離を得意とするマイラーでも十分好走可能なレースです。かつては『一番速い馬が勝つ』レースと言われていました。